FXでの投資に興味があるけど、まずなにをすれば良いのか

さっっぱり分からないという人もいるかも知れません。


そういう人は、まずFXの仕組みを簡単に知っておきましょう。


FXは、各国の為替レートの差を利用して利益を得ます。



基本的な考え方は、株の投資などと変わらず、

「安く買ったものを高く売る」
あるいは、

「高値で打ったものを、安値で買い戻す」ことで、


利益をあげることができます。



FXは、同じことを通貨で行います。


例えば海外旅行でアメリカに行くときは、円を米ドルに両替をします。

この時の為替レートが1ドル=100円だったとしましょう。

10万円を両替すると1,000ドルとなります。

そして帰国した時に、今度は米ドルを円に両替します。



この時1ドル=110円なら、1,000ドルは11万円となり

1万円の利益が生まれます。

逆に1ドル=90円になっていれば、

1万円の損をしたことになります。


FXの基本は、これと同じことをして利益を得るものです。



そしてFXでの利益は、もう一つスワップポイントというのがあります。

これは各国の金利差を利用して利益をあげるものです。

日本の金利が0.1%だとすると、100万円を1年間預けると100円の利息を受け取ることができます。



しかし例えば米ドルなら1.0%の金利、豪ドルなら5.0%の金利なら、

そちらに預けたほうが利息が多くなります。

この金利の差で得ることができる利益をスワップポイントと言います。



次に、どんなFX業者がよいのか?

ということをお話していきたいと思います。


FX業者を選ぶ時は、

自分が想定している取引スタイルとあっているのか

が重要になります。



短期的に積極的な取引で利益を狙いたい場合は、

手数料やスプレッドなどの取引コストが少ない業者を選びましょう。


逆に中長期的な投資で、スワップポイントで利益を

上げることを狙っている場合には、取引コストが若干高めでも、

スワップ金利が高い業者やスプレッドが固定されている業者がおすすめです。



そして短期的な取引を想定している場合に特に重要なのが

サーバーなどの業者のシステムの安定性
です。


FXの取引では、タイミングとスピードが大切です。

しかし業者のシステムが安定していないと、

絶好のタイミングでの注文ができないケースがあります。



この辺りは、実際に使ってみないとわからない部分もありますが、

ネット上のクチコミ情報などで、ある程度の状況は把握できますので

それらの情報もチェックしましょう。



しかし業者選びには、そこまで慎重になる必要はないかもしれません。

使ってみて不満があれば、別の業者に乗り換えれば良いだけです。



ほとんどのFX業者は口座開設料は無料ですから、

手間以外のデメリットは見当たりません。



FXの業者は、国内外を含めて本当にたくさんあります。

それぞれのメリットとデメリットを把握して、良いFX業者を選びましょう。

 カテゴリ
 タグ
None