5日目(5通目)自己投資の重要性について


ここはまず、一般的に語られることはないでしょうが、
非常に重要な洗脳ポイントです。



「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」
とどこかで良く聞きませんか?


こういう人って財布の紐が無駄に固いです。



「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」

というのは

「愛はお金で変えない。だからお金より大切なものはある」

と言いたいのでしょう。


確かに愛はお金では買えませんが、
その愛を継続させるには結局お金が必要です。



お金を出そうとしない人に限って
ここの最初の部分だけにやけに固着になってます。


いいでしょうか??

お金は大事なものなのです。


誰がなんと言おうと否定することができません。


ですから、その大事なお金を人様から頂こうと思ったら
それ相応の努力が必要なのです。


そして、あなたはお腹が空いたら飯を買いますか??
当然ながらYESです。



それは、何か食べないと生死に関わるとかそんな戯言なんかではなく、
空腹を満たす価値があるからお金を払うのです。



賞味期限が切れた価値のない食べ物にお金を払いますか??
払いませんよね。なぜ払わないんですか??


では、普通に食べれる食材にお金を払いますか??
払いますよね。それはなんでですか??

この違いです。


“食べなければならないからではない”
ということを理解しておいてください。



そこに価値があるからお金を払うのです。

世の中は全てこれで回ってます。


誰でも欲しい物には当たり前のようにお金を払います。


では、商品になぜお金を払いたくない人が大勢いるのか??


詐欺やらいろんなマイナス要素がでてきますけど、
結局、価値があるからお金を払う
という当たり前なことに気づいてない人が大勢いるということです。



ここでいう投資とは株やFXの話ではありません。


自分自身に投資するということです。


女性であれば綺麗になるために、化粧品や洋服にお金をかけます。


男性であれば、男らしい肉体を鍛えるために
プロテインや筋トレにお金をかけます。


それは自分自身の成長に繋がるからですね。

何かを得るにはお金という価値と交換しないといけません。


結局お金というのも価値のひとつであって、
価値と価値の交換なのです。


風邪を引いたら風邪薬を買う
お腹がすいたらご飯を買うのと同じように
何かを得たいならお金を払わないといけない
ということを読者にこれでもかってくらい言い聞かせて下さい。



5通目で、読者の財布の紐はグンッと緩みます。

「そうだよな」
「やっぱり何かほしいならお金と交換しないといけないわよね」
「確かに」


ここでも共感ポイントの登場です。


自己投資の大切さというものをしっかりと伝えることで
後にあなたが読者にセールスをかけてもいやらしさがないですし、
喜んであなたから買ってもらえます。



ここでもやはり、読者はあなたから価値を提供されているからこそなんですね。


ここもしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。


お金に関しては様々な表現の仕方がありますが、
ここをうまく教育しないと読者は商品を購入しません。


お金を出してくれないのです。


関連記事はコチラ
↓↓
【6日目】ステップメールの書き方

 

【追記】

この度、また改めてメールマガジンを
発行することにしました(^^)


メールマガジン発行
このメルマガでは、主に僕が学んできたノウハウや
稼げる情報などをシェアしていきたいと思います。


そこらへんには出回っていない
ノウハウなども、こっそり配信したりするので
楽しみにしておいてください(^^)


ですが、
「100%稼げます」とか、
「2クリックだけで月収100万円」
みたいな内容ではないので、
そこは期待しないでください(^_^;)

逆に、
「ネットビジネスに真面目に取り組んで稼げるようになりたい!」
という方は大歓迎ですので、
是非とも登録していただけたらなと思います。


ご登録お待ちしておりますm(_ _)m

メルマガ登録はコチラ


1人で悩まないでください!

●ネットビジネスを始めたいけどやり方がわからない…
●月に◯◯円稼ぎたい…
●アフィリエイトで成功したい…
●買いたい商材があるけど詐欺かもしれない…
●詐欺商材・詐欺師に騙された…

などなど、悩んでいることがありましたら お気軽にご連絡ください。
無料でサポートいたします(^^)

あなたがネットビジネスで成功したいと思うなら
行動、実践あるのみです!
まずは最初の一歩を共に踏み出しましょう!!

僕へのご連絡はコチラへお願いいたします
↓↓
nori_mail619@yahoo.co.jp

 カテゴリ
 タグ
None