ブラインドスポットコンテンツビジネス

カテゴリ:メルマガ

メルマガのカテゴリ記事一覧。
no-image

ステップメール
今回は、ステップメールのシナリオや書き方について説明していきたいと思います。まず、ステップメールの長さについてですが、基本的には次回以降に紹介するメール例を参考にして頂ければわかるかと思います。メールの内容が、簡単で短い長さであれば、当然内容もそれなりの価値にしかならず、読者の反応もそれ相応になってしまいます。最低でも【1日目】ステップメールの書き方程度の長さで、必ず無料レポートが作れる内容をメー...

記事を読む

no-image

ステップメール
7日目(7通目)セールスクロージングさて、いよいよです。いよいよ販売です。証拠(実例)メリットの説明「この商品がどれだけ良いかご理解頂けましたか?」を必ず問いかけます。緊急性セールスレターのページへのリンク(アフィリリンク)この商品で足りない所を購入者特典という形で付けるとどめの特典クロージングというのは、セールスでは命です。ここが失敗すると今までの努力が水の泡になる場合もあります。もっと崩したわ...

記事を読む

no-image

ステップメール
6日目(6通目)現状のリスク、不安、恐怖などの問題点の解決策ここは簡単に言うと、あなたが紹介する商品の説明です。直接的に商品の価値を伝える前に、その前の段階で必ず間接的にフックという、きっかけ的なことを伝えておくのです。(それが4通目ですね)4通目で問題点を煽り、その解決策を6通目で伝えるのです。4通目で色んな問題点に関してのフックがかかっているので6通目で爆発的に共感を得られます。このテクニック...

記事を読む

no-image

ステップメール
5日目(5通目)自己投資の重要性についてここはまず、一般的に語られることはないでしょうが、非常に重要な洗脳ポイントです。「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」とどこかで良く聞きませんか?こういう人って財布の紐が無駄に固いです。「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」というのは「愛はお金で変えない。だからお金より大切なものはある」と言いたいのでしょう。確かに愛はお金では買えませんが...

記事を読む

no-image

ステップメール
4日目(4通目)いよいよこれから、読者の現状のままのリスク、不安、問題点を煽る訳です。この4通目は、潜在的な物を読者に気づかせる、非常に重要なポイントです。例えば、あなたが紹介する商品が稼ぐ系の場合「雇われというのは時間的にも精神的にも金銭的にも縛られますよね?それだけではなく、いつリストラされるかもわからないまま生活していかないといけないのです。もしあなたが大けがや病気になったら?」あなたが紹介...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

ステップメールとは?ステップメールのシナリオの書き方と重要なポイント

今回は、ステップメールのシナリオや
書き方について説明していきたいと思います。



まず、ステップメールの長さについてですが、
基本的には次回以降に紹介するメール例を
参考にして頂ければわかるかと思います。



メールの内容が、簡単で短い長さであれば、
当然内容もそれなりの価値にしかならず、
読者の反応もそれ相応になってしまいます。




最低でも【1日目】ステップメールの書き方程度の長さで、
必ず無料レポートが作れる内容をメールに記載して下さい。



そして、それ以上に内容を充実させていく場合は
「1日目のステップメールテンプレート」を1つのブロックとして考え、
3ブロック分の内容にすると、読んでいる読者の満足はかなり高いものとなり
間接的にも「次も読みたい」という心理状態にさせることができます。



次に、ステップの数についでです。


一つの商品紹介するために最低でも5通以上を基準として下さい。


5通のうち、3通を読者が読んで満足するコンテンツや情報などを提供します。


そして、ステップメールを稼働させるためには、
どんなに少なくとも50通は作成してください。



もし、10通しか作成していなければ、
1つか2つの商品を紹介するだけで終わってしまいます。



ステップメールが長ければ長い程、読者のファン化が強くなり
紹介する商品の購入率を高くなって行きます。




つまり、これはどういうことかというと、
利益を出しやすくなっていくということを意味します。



たった一つや二つの商品を売るためだけではなく、
継続的に効率よく利益を出すために50通はステップメールを用意します。



50通と聞くと、相当大変だと思うかもしれませんが、
最初は少なくても問題ありません。


ただし、最低でも1週間分は必ず作りましょう。



ステップメールには大事なことがあって、一度作成してしまえば
それがあなたの一生の財産になります。


そして、作ってしまえば読者が増える度に
あなたの作業量は一切変わりません。



基盤を作るのは何事も大変なことです。



あなたは目先だけの利益と
長期的に利益を出し続ける仕組み

どちらを選びますか??





それでは早速、1週間の流れを理解していきましょう。


1日目:自己紹介も含め、メルマガの趣旨を伝える
(目的)(興味付け)


2日目:しっかりとメルマガの趣旨を伝える
(興味付け)


3日目:あなたの理念、信念を訴える
(伝える)


4日目:現状のリスク、不安、恐怖などを煽る。
(現状のままだとダメだと認識させる)


5日目:投資の重要性
(自己投資)(好きな物にお金を払うのも投資)


6日目:現状のリスク、不安、恐怖などの問題点の解決策


7日目:サービス紹介、クロージング



慣れないと、何の事なのか
分け分からないと思いますが、時期慣れます。



大事な事は、根底には必ずあなたのテーマというのを意識して下さい。


テーマとはメルマガの目的であり、あなたのメッセージでもあります。


非常に大切な部分です。



1日目から2日目は、あなたが何かしらの媒体(ブログ、メルマガ、SNS)が
既にあるのであれば、必要ありませんので、3日目からはじめて下さい。



ただし、テーマがしっかりしているかの確認は必ずして下さいね。


ステップメールで一番大事な所は1、2日目です。


1日、2日の内容で1週間以上も読まれるか読まれないかが変わってきます。


あなたからのメールの価値は1通目、2通目で決まると思って下さい。


価値のないステップメール1000通か、
価値のあるステップメール10通かで言っても後者の方がお金になるので
開封されない悲しいステップメールだけは作らない様にしておきましょう。



4日目からがいわゆる、セールスレターみたいな感じになってきます。


大事な流れですので頭に叩きこんでおいて下さい。

現状のリスク、不安などの問題点を煽って、商品説明に入って行く中で
後のセールスのために読者にお金の価値観を教育していきます。



ここは一般書籍やそこらの商材なんかでは
絶対に語られることのない点です。


しっかりと意識しておきましょう。



それから商品の必要性、商品の価値をしっかりと伝え、
サービス、特典をつけて販売に持って行きます。


ステップメールのおおまかな流れを言います。



まず、

メルマガの目的を読者にしっかりと伝え、(教育し、)

あなたの理念を読者にしっかりと伝え、(教育し、)

サラリーマンであるリスクや不安などの問題点を煽り、

投資意識の重要性をしっかりと伝え、

解決策、解決方法を提案し、(商品説明)

緊急性、限定性を持たせて、セールス(商品を紹介)する。


という流れです。


実際にはもっと多くの心理誘導術やポイントがありますが、
それは別の形で解説しますのでご安心下さい。



上記で言ったことは最低限のポイントであり、
ひとつでも欠かすと一瞬でゴミクズになります。


必ず頭に叩き込みましょう。



しつこいかもしれませんが、
問題点を煽ることと、自己投資の重要性は
絶対に外せません。心して下さいね。


具体的なステップメールは別の記事でまとめているので
そちらを参考にしてもらえればと思います^^



» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

【7日目】ステップメールテンプレート・原稿やシナリオの書き方

7日目(7通目)セールスクロージング


さて、いよいよです。いよいよ販売です。


証拠(実例)

メリットの説明
「この商品がどれだけ良いかご理解頂けましたか?」

を必ず問いかけます。


緊急性


セールスレターのページへのリンク(アフィリリンク)

この商品で足りない所を
購入者特典という形で付ける

とどめの特典



クロージングというのは、セールスでは命です。



ここが失敗すると今までの努力が水の泡になる場合もあります。

もっと崩したわかりやすいイメージでいうと
あなたはセールスレターページに誘導するように意識すればいいです。



最終的なセールスは、セールスページでやってくれます。



以上、ステップメールの最重要ポイントの解説でした。


メルマガの目的を読者にしっかりと伝え、(教育し、)

あなたの理念を読者にしっかりと伝え、(教育し、)

サラリーマンであるリスクや不安などの問題点を煽り、

投資意識の重要性をしっかりと伝え、

解決策、解決方法を提案し、(商品説明)

緊急性、限定性を持たせて、セールス(商品を紹介)する。



復習になりますが、
以上の部分が大事な隠れた要素です。


この隠れた流れをしっかりと頭に入れて下さい。


しっかりと意識して記事やストーリーを作って行って下さい。



あなたが究極の販売上手になりたければ、
真の気持ちを伝えるプロフェッショナルになって下さい。


こういう隠れたテクニックというのは
文章で読んでいたら何気ないですが、
この何気ない教育ポイントがフンダンに組み込まれた文章は
何気なくサラッとあなたの読者を洗脳することができます。



教育ポイントさえ押さえればどのように販売していくかは

あなたの自由です。

肝に命じて下さい。


何回も読み直して読み直して

絶対に会得していきましょう!



最後まで購読していただき、ありがとうございました。



関連記事はコチラ
↓↓
【1日目】ステップメールの書き方

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

【6日目】ステップメールテンプレート・原稿やシナリオの書き方

6日目(6通目)現状のリスク、不安、恐怖などの問題点の解決策


ここは簡単に言うと、あなたが紹介する商品の説明です。


直接的に商品の価値を伝える前に、その前の段階で必ず間接的にフックという、
きっかけ的なことを伝えておくのです。


(それが4通目ですね)

4通目で問題点を煽り、その解決策を6通目で伝えるのです。



4通目で色んな問題点に関してのフックがかかっているので
6通目で爆発的に共感を得られます。


このテクニックが仕込みと言われる部分の一つです。


ここでは商品が販売価格の最低2倍以上の価値があると
読者には教育します。


できれば3倍、4倍以上の価値に思わせれば、
一瞬にしてあなたのお財布が潤うでしょう。



そのために今までに不安点や現状のリスク、
お金の価値、自己投資の大切さなどを
教育してきているわけです。


ここも大事な所です。


商品が読者にとって必要であると気づかせます。

問題点の解決策=紹介する商品の必要性



商品のコンセプト、商品を作った人の想い、お客さんの声、実績、
これらは商品のセールスレターに書かれていることなので
これらから読み取り、商品の裏側の魅了をあなたの想いにして
伝えて商品をほしがらせる様にもっていきます。



ここで、第三者の立場で類似商品の選び方も有効です。


ただし、他者商品をけなす時は注意が必要です。

けなさなくても価値を伝える事は可能です。



ほしがらせるのに最も有効なポイントを書きます。

それは利用者の声で商品を信用させる事です。(実績者の声など)


そして、その利用者と読者が似通っていて

「私もできるかもしれない」
「こんな人でもできるんだから自分にもできるはず」


と説得する部分です。


利用者に読者の自分を重ね合わせるのです。

再現性と最近よく言われている部分ですね。



購入までのプロセスは色々ありますし、
人によって購入理由は違います。


この再現性があることをいかに読者に伝えるかに全精力をつぎ込むのです。


それがあってはじめて

「私を信用して下さい」

「返金保障もあります」


という部分が有効になるのです。


これらを頭に叩き込んで下さい。


あ、それと
ここでは絶対にアフィリエイトリンクは貼らないで下さいね。
アフィリエイトリンクはセールスステップの時だけしか絶対に使わないで下さい。




次回はいよいよ最後のステップメール、クロージングになります。

ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。

では、引き続き次回の記事もチェックしておいてくださいね^^



関連記事はコチラ
↓↓
【7日目】ステップメールの書き方

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

【5日目】ステップメールテンプレート・原稿やシナリオの書き方

5日目(5通目)自己投資の重要性について


ここはまず、一般的に語られることはないでしょうが、
非常に重要な洗脳ポイントです。



「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」
とどこかで良く聞きませんか?


こういう人って財布の紐が無駄に固いです。



「お金も大事だけど、それ以上に大事なものがある」

というのは

「愛はお金で変えない。だからお金より大切なものはある」

と言いたいのでしょう。


確かに愛はお金では買えませんが、
その愛を継続させるには結局お金が必要です。



お金を出そうとしない人に限って
ここの最初の部分だけにやけに固着になってます。


いいでしょうか??

お金は大事なものなのです。


誰がなんと言おうと否定することができません。


ですから、その大事なお金を人様から頂こうと思ったら
それ相応の努力が必要なのです。


そして、あなたはお腹が空いたら飯を買いますか??
当然ながらYESです。



それは、何か食べないと生死に関わるとかそんな戯言なんかではなく、
空腹を満たす価値があるからお金を払うのです。



賞味期限が切れた価値のない食べ物にお金を払いますか??
払いませんよね。なぜ払わないんですか??


では、普通に食べれる食材にお金を払いますか??
払いますよね。それはなんでですか??

この違いです。


“食べなければならないからではない”
ということを理解しておいてください。



そこに価値があるからお金を払うのです。

世の中は全てこれで回ってます。


誰でも欲しい物には当たり前のようにお金を払います。


では、商品になぜお金を払いたくない人が大勢いるのか??


詐欺やらいろんなマイナス要素がでてきますけど、
結局、価値があるからお金を払う
という当たり前なことに気づいてない人が大勢いるということです。



ここでいう投資とは株やFXの話ではありません。


自分自身に投資するということです。


女性であれば綺麗になるために、化粧品や洋服にお金をかけます。


男性であれば、男らしい肉体を鍛えるために
プロテインや筋トレにお金をかけます。


それは自分自身の成長に繋がるからですね。

何かを得るにはお金という価値と交換しないといけません。


結局お金というのも価値のひとつであって、
価値と価値の交換なのです。


風邪を引いたら風邪薬を買う
お腹がすいたらご飯を買うのと同じように
何かを得たいならお金を払わないといけない
ということを読者にこれでもかってくらい言い聞かせて下さい。



5通目で、読者の財布の紐はグンッと緩みます。

「そうだよな」
「やっぱり何かほしいならお金と交換しないといけないわよね」
「確かに」


ここでも共感ポイントの登場です。


自己投資の大切さというものをしっかりと伝えることで
後にあなたが読者にセールスをかけてもいやらしさがないですし、
喜んであなたから買ってもらえます。



ここでもやはり、読者はあなたから価値を提供されているからこそなんですね。


ここもしっかりと頭に叩き込んでおきましょう。


お金に関しては様々な表現の仕方がありますが、
ここをうまく教育しないと読者は商品を購入しません。


お金を出してくれないのです。


関連記事はコチラ
↓↓
【6日目】ステップメールの書き方

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None

【4日目】ステップメールテンプレート・原稿やシナリオの書き方

4日目(4通目)


いよいよこれから、読者の現状のままのリスク、不安、問題点を煽る訳です。


この4通目は、潜在的な物を読者に気づかせる、
非常に重要なポイントです。



例えば、

あなたが紹介する商品が稼ぐ系の場合

「雇われというのは時間的にも精神的にも金銭的にも縛られますよね?
それだけではなく、いつリストラされるかもわからないまま生活していかないといけないのです。
もしあなたが大けがや病気になったら?」


あなたが紹介する商品がナンパ系の場合

「もしあなたが女性なら、口下手で、顔も良くない、お金もない、身
だしなみも悪い男から声をかけられて成功すると思いますか?
あなたに足りない物が何なのか自覚してますか?」


あなたが紹介する商品がサプリメント系の場合

「病気になると大変ですよね?予防してますか?
メタボリックって怖いんですよ。
しかも自分がメタボリックって気づかずに...」


あなたが紹介する商品がニッチ系の場合
「わきがって嫌ですよね、真夏の糞熱い日にぎゅうぎゅう詰めの公共
機関なんか乗ったら終わりですよね」

↑ニッチ系の場合は本人が悩みの度合いが深刻ですが、
遠慮なく追い打ちをかけましょう(笑)



要するに、文章にする事で意識レベルを再認識させ、
読者に自覚を促し教育するのです。


ここでのポイントは必ず読者に問いかける事が必要です。


今のメルマガ配信サービスは名前挿入機能があるので
それは必ず使って行きましょう。



稼ぐ系であれば、サラリーマンで今給料は安定しているかもしれないけど
いつリストラされるかわからない、経済的な不安や、
会社に拘束されるという時間、自由という不安に意識をフォーカスさせるのです。



「余計なお世話だ」と読者が思わずつぶやくように突っ込んで下さい。


あなたが紹介したい商品の裏を見るのです。

そして読者にその裏を見せましょう。


リスク、不安を指摘し、気づかせる、自覚させるという意味で


脅す意味ではありません。

・病気は嫌だ

・怪我も嫌だ

・お金がないのはつらい

・自由な時間がないのもつらい

・ハゲててもつらい

・太ってても周りの目がつらい


「そうなんだよ!」
「ですよね!」
「確かに・・・」



と、とにかく読者にイメージさせるのです。


そして販売したい商品が、
そのリスクや不安点、悩み、問題点の解決策になるように
じょじょに結びつけて行く訳です。


ここで盲点になりやすいですが、商品そのものの価値ではなく
商品がもたらす裏側の価値を伝えることが重要です。



マイナスの部分を読者に気づかせ、その反対の価値を対比させる事で
販売したい商品がもたらす価値観を高める教育です。



関連記事はコチラ
↓↓
【5日目】ステップメールの書き方

» 記事の続きを読む

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © ネットビジネス攻略サイト −情報商材の購入・レビュー・実践・評価 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。